ヲタ恋に出てくるオタク用語集(第2話)

「ヲタクに恋は難しい」の中に出てくるヲタク用語などについて解説します。

第2話

【幻のポケモン】

モンスター育成ゲーム「ポケットモンスター」に出てくるキャラクター。

幻のポケモンは、自分からトレーナーの下にいることを決めない限り並大抵の者には従わず、また制御する事もできない。

幻のポケモンは通常プレイでは入手することができず、ゲーム外部のキャンペーンなど特殊な方法で入手可能。

他に伝説と呼ばれるポケモンも存在し、これらは各地の草むらを徘徊していると遭遇することがあるが、戦闘開始後はすぐに逃げ出すことが多く捕まえるのはとても難しい。

ヲタ恋では幻より伝説の方を意味していると思われる。

【細かすぎて伝わらないモノマネ選手権の穴】

「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の博士と助手のコーナーで、挑戦者がモノマネ披露後のオチをつけた瞬間に、審査員席の落下スイッチにより、足下の床が開いて舞台の穴(奈落)に落とされるというもの。

【樺倉(冬月)】

新世紀エヴァンゲリオンが元ネタ。

デスクに座り手を組んでいる碇ゲンドウの後ろに佇む冬月コウゾウをオマージュしたもの。

image

【ギャルゲ】

いわゆる美少女との恋愛などが体験できるシミュレーションゲームのこと。

18禁のものはエロゲーと呼ばれる。

【親密度】

ギャルゲに出てくるキャラと主人公との心理的距離を数値化したもの。

個別イベントなどを発生させるには親密度を上げる必要があることが多い。

【ワロリンヌ】

「笑った」「面白い」という意味

同意語:ワラタ、ワロスなど

【最優良物件】

異性を値踏みするときに例える言葉。

最優良〜クズなどにランク分けされる。

【激オコ】

オコは怒るの略。

激オコはとても怒っているという意味。

さらに可愛い言い方に発展させた「激おこぷんぷん丸」という上位用語もある。

【BGM サンライズ】

悪役プロレスラー”スタン・ハンセン”の入場曲。

バラエティ番組の喧嘩シーンやプロ野球の乱闘シーンなどのBGMとして定着。

【とんへー】

お笑い芸人のみょーちゃん(松竹芸能)の芸。

「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」での韓国映画ネタ「○○をする韓国の軍隊シリーズ」のクライマックスで、韓国兵に扮するみょーちゃんが韓国国歌「愛国歌」を歌い出すと落ちるのがお約束。この歌い出しが「とんへーみや」と聞こえることから「とんへー」と呼ばれる。

宏嵩は成海にテレて「穴があったら入りたい」と思い、呟いたと見られる。

 

 

【期間限定!】
今だけ人気作品が全ページ無料で読めるキャンペーン中!

人気作品を全ページ無料で読む

 

 

用語集


PAGE TOP